特定疾患の更新の時期は?手続きに必要な書類は何??

更新時期がきますね!

難病認定の更新をスムーズに行えるように手順をまとめました!

更新の手続きは郵送で完了しますが必要書類に時間がかかります

暑い時期は夏バテで更新手続きすら嫌になり

後回にしたせいか忘れて後悔しないためにも、準備の手順を把握して行動すれば

うっかり『 つかえない!? 』とびっくりすることもありません!

更新のお知らせは7月半~8月頃までお家のポストに届けられるので

申請は9月までに済ませておくのがおすすめです!

更新の切り替えロスにならないために早めの行動が大事!になってきます!

更新は一年に1度!!   1年はあっと言う間です・・・

毎年、この時期に悩まされていたわたしは、準備をしっかりすることで

書類申請のストレスが軽減しました。

更新のお知らせは7月下旬~8月頃!

 

更新は1年に1度夏ごろ7月半ばに更新のお手紙がポストに投函されています

お手紙の中身を確認すると

更新に必要な書類、申請方法など詳しく案内されています。

中身を確認してできる準備をしていきましょう!

特定疾患医療受給者証の更新に必要なものを準備しよう!

 

揃えるのに優先的に並べてみます!

  • 個人調査票 (先生の診断書)
  • 期限が切れる受給者証明書
  • 申請書類
  • マイナンバー 身分証明書

 個人調査票

 

申請者は難病ですよと先生証明してくれる書類です

これなしには難病申請はできませんので優先して準備しましょう

個人調査票を書いてもらう費用目安

診断書の依頼を病院の受付でします!

費用の目安 3000円~5000円です!

※生活保護受給者は書類の費用を負担してもらえます!

個人調査票をもらうまでの時間は?

もらえるまでどれぐらい時間かかるかというと

個人調査票は当日中にもらえる書類ではありません。

早ければ2週間ぐらいで完成するときもあればそれ以上に時間がかかるときも

また、診察が久々の人はクローン病の病状を

一度確認するため検査後の場合もあり1か月以上かかる事もあります。

そのため3か月以上行ってないとかなら

早めの診察をしてもらうことも大事になります!

さらには更新時期は込み合う時期は遅くなる事を頭にいれておきましょう

完成した書類は送ってもらうこともできるよ!

次回予約がない人や急いでいる人は郵送してもらうこともできますよ!

封筒に切っ手と住所を記載したものを受け付けでお願いしたら送ってもらえました。

・マイナンバーカード

マイナンバーがなければ 保険証 運転免許 在留カード など・・・

顔のついている証明書類を用意しておきましょう。

※ 生活保護者で(マイナンバー 保険証 運転免許 )などない人

①住民票(マイナンバー記載不要)

②生活保護係で 手続き依頼証 

・印鑑

印鑑はインクをつけてつかうもが必要です。

・受給者証明書

古いものになるからといって捨てないでください!

期限まで使えます!

申請書類の記入

更新の案内が届いた人には申し込み用紙に

大体の必要情報が記入されていますから簡単です。

特定疾患の更新書類が紛失した場合は?

最寄の保健所へ必要書類を持参して行けば大丈夫です!

更新の手続きは郵送で送ろう!

ここまで準備が整えばあとは保健所あてに更新の申請書類を送れば完了です!

記入漏れや不備があった場合は連絡がきます。

更新時期は余裕をもって行おう!

期限がせまると、受付まで間に合わない場合保健所にいかなくてはなりません
暑い時期ですからなるべく郵送ですませるようにしましょう。

難病手当ては更新が遅れるともらえない期間ができてします。

生活の助けになってる人は損をするかもしれません。

更新が遅れた際の治療に関しては、限度額以上を超えていた場合

返金の手続きができますので安心してください。

今回は難病認定の特定疾患の更新の手順のまとめについて紹介しました

なるべく早めを心掛けて、ストレスにならないようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です