入院中ストマ排出量が多く下痢放題!便が落ち着くまでの対処と脱水予防

小腸ストマの人は便がゆるいそうですが

下痢すぎて脱水パーティです。

手術後は腸が安定しないせいか下痢ぽくなったりするんだとか。

帰るのが不安すぎる。

手術後の下痢と排出量の多さに悩む

手術する前からの悩みだった事です。

1日4リットル水分補給をしていましたがそれでも喉が乾いていたので日常生活ではきずかぬうちに脱水になっていたかもしれないときずいた。

ストマになってからも

それにしても、私1日に3000mlも便が出ていて、別にお小水まででる。

破棄の苦労

こまめにトイレに行けば間に合うと

思ってても昼寝から目をさますと

排出物が装具の中いっぱいになり

重みで剥がれたりしてしまう。

 

水分を補充しまくるので

夜中のお小水は2時間~3時間に1度起きて

計量も必要

点滴転がしていくのは大変で

ストマの破棄と計量までもとなれば

ストレスでした。

なので、便が落ち着くまで

ストマバックと排出袋(ガンユウドウ?)をつないですごす事なりました。

これはこれでニオイや詰まりなどが不満です。

このままでは退院が不安すぎますよね。

便が固まるまでの経過

ロペラミドを開始

処方されたお薬の経過下痢止めとして処方されたのがロペラミド

最初 朝、夕の2回でしたがあまり効果はあらわれず

・食事の量を増やす

ロペラミドを増やす

1日3回にする

多少かな?

タンニン酸アルブミン

先生たちはタンニン酸アルブミン

タンナルビンと略して呼んでました。

使用する際にはモサブリドを中止

手術後、胃の動きをよくするため飲んでいた薬が動きを良くしすぎ下痢の原因になっているかもしれないから

鉄分と相性が悪い

食前にタンナルビン

食後にミヤMB

2時間後

時間の管理がややこしく家では絶対続けられないと思った。

変化としては1回のお小水量が2倍になった。

アヘンチンキ

タンナルビンの処方がはじまった

後日 下痢剤をアヘンチンキへ変更に

アヘンチンキ量を変更

 

脱水予防にした事

点滴を増やす

1日1000ml以内が理想な中

私は3000mlの状態から落ち着いても

2000ml便がさよなら

1000ml越えたら点滴追加

1500ml越えたら点滴追加

1日3本+追加2本が私の日課

沢山水分を飲む

 

OS1がいちばんいいって言ってたけど

高いぢゃん!

塩分

 

塩分キャンディー

梅干でもok

塩を直接舐めちゃう

現状ベスト

便の量が少なくなり、便が固まりました。

現状ではいい状態になりました。

睡眠もよくなり自分で排出物を破棄する余裕もできてよかったです。

食事状況

お薬状況

水分状況

まとめ

 

入院中のストマの排出量に困りお腹が落ち着くまでのお話をしました。

正直、日常生活でも下痢になったらと考えると不安です。

家に帰ってもしっかり下痢止めは続けようかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です