クローン病は生活保護の受給条件の対象になるの?

今回はクローン病で収入が安定せず不安な時に相談しに行った事や生活保護受給条件を確認し申請できた話しをしていきます

一人暮らしで仕事に不安を抱えてる方で生活保護ってどうだろう?と思ってませんか?

わたしも同じ不安をかかえてました。その時ことを話ます!

 

当時のわたしの収入は16万円 雇用形態はアルバイトでした。

クローン病と診断されてから症状はどんどん悪化して頻繁に仕事を休みや早退をすることに

収入は2~5万と生活がままならない状況になってしまいました。

生活を維持するためには

仕事をしなければいけませんが体が不調すぎて仕事にならないので

どんどん収入も減り貯金も減って

どうしていいかわからなくなりました

生活保護係に相談へ行った

相談には2回足を運びました

  • 付き添いと行った時
  • 一人で行った時

 

その時々で対応に差があり、本当に困っているか?

この時点で見極められるのかなと思いましたがはじめは嫌な気持ちにさせられガックリしました。

付き添いと行った時

 

わたしに見かねた職場のオーナーが付き添って相談しに行った時、要件を話すと

福祉の方は冷静な顔と声でわたしに対して悲しくなる事をいうので

心配して来てくれたオーナーと言い合いになり話は進むことありませんでした。

1人でいった時

 

本当にどうすればいいか悩んでいたので再度一人相談しにいきました。

担当に煙たがるのかなと思いましたが一人で悩みを相談しにいったら、  

スッゴク親身になって聞いてくれてどうするべきが教えてもらいました。

生活保護の受給条件!確認

  • 身内に頼れる人はいないか?
  • 貯金はあるか?
  • 働けるか働けないか?

この条件があえば受給対象でした。

どのように時給条件の確認があったか

詳しく説明します。

1 身内に頼れる人いる?

いっしょに住んでる人ぜんいんの収入状況でわたしも養ってもらえるか判断されます

家族または兄弟ですんでいたり、シェアハウスだと受給対象外になります。

 確認連絡はどのようにおこなわれるのか!?

一人暮らしの場合は、福祉管理の人がわたしの身内を調べて、援助できるかどうかの確認を葉書にて連絡します。

その返事を確認対象とするようです。

2 貯金はあるのか?

本当に生活保護が必要な人なのかもっているお金で判断します。

  • お財布のなかを確認されます
  • 銀行通帳を確認してもらいます

お財布のなかの数千円みせました。

銀行の通帳をぜんぶ持ってきてと言われ提出しました。 

口座開設に見落としないか福祉の人が確認してくれました。

ちなみに貯金は0円でした。

3 働ける?働けない?

病気やけがなどで働けない 生活が維持できないか? 

クローン病の状況を説明しました。

生活保護の申請できました。

 

わたしは受給条件をみたしていたので申請書を提出し、審査がとおったら

受付したその月から受給金がもらえたした。

結果が出るまで1ヶ月もしませんでした。とてもありがたいことでした。

まとめ

クローン病で難病だから生活保護の対象なのではなく生活を問題なく対処できるほどの

収入に余裕ある、親や兄妹、旦那さんと一緒に住んでいたらもらえないことでした。

家賃や食事などの最低限を支払う能力があるのかどうかを見て判断されます。

真面目な人は生活保護を受けるのに後ろめたさを感じたりしするかもしれません。

一人暮らしで頼れる人もいないなら

とても辛いですよね。

クローン病の症状で働きたくても働けない!

そんな現状にウソはないですよね!?

生活保護は本当に困っている人を助けてくれますよ!

一度お近くの福祉係に相談しに行ってみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です