ストーマ交換の観察内容は?記録をとる看護師さんに知ってほしい本音!

手術したばっかりと言うことで入院中はストーマの状況を装具を交換するたびに

毎回確認をしてもらいまいた。ストーマ交換の時の観察内容と看護師さんに知ってほしい本音についてお話します。

ストーマの交換の観察内容はどんな感じ?

観察では何をみてもらったか?

・ストーマの大きさ、高さ

・皮膚トラブルはないか?

・装具の溶けぐあい

なんかをみてくれました。誰かに見てもらえるメリットは

自分が気になる点を相談できアドバイスをもらえたのでかなり心強かったです。

記録をする看護師さんに知ってほしい本音

 

ちょっとだけ心の嘆きをはいてしまいます。

ストーマ交換時にわがままながら思ってしまう本音。

看護師さん! いかないで!!

パウチをはがし よし!観察してもらおう!って時に

他の患者さんに呼ばれていなくなってしまう!

ぽつんと一人になることがあります。待ってるのはいいんです。

ただ・・・

剥して待っているので漏れが心配でしかたないんです

身動きとれない時はさらに恐怖なんです!!!!

元気で自分時は、せめて装具剥したら観察してから移動してもらえると

あとはちゃっちゃか自分で洗って貼りかえできるので孤独になりません!

ストマの大きさを測る器具恐い

毎度、看護師さんがやってくれました。

経過観察記録をしているので穴の大きさを高さなんかを図ってくれます。

なんだか図る器具が怖いんです。

デジカメの準備はしてね!

皮膚トラブルになっていたときに記録を残すために

しゃしんで残す事になりました。

時に、電池が切れていたり、ぴんとが合わなくて撮影し直し

結構とほほな気持ちになりました。

ホント漏れが恐いんです!!!!

 

ストーマの交換の時は結論いうと漏れの恐怖が半端ないんです

観察してくれるありがたさと漏れて迷惑かけないか不安な気持ちが

心の負担になります。自分でもどうにかしようと頑張ろうと思います。

入院中は看護師さんと息を合わせて交換が必要!

 

あんまり看護師さんの負担になりたくないんです。

でも待ちぼうけも孤独です。

看護師さんと息を合わせてストーマ交換の観察も行えたらいいなとおもいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です