ストーマの交換手順!

ストーマの交換に自信はありますか?

入院中に初めてストーマ交換をすることになったんですが

装具を剥すのドキドキでした。 ストーマの部分見るの恐いし。

上手にストーマのパウチ交換できるのか、途中で漏れて失敗しないか

不安でいっぱいでしたよ!

ちょっと、ながめになってしまったもしれませんが、初めて行った時ストマ交換方法や

漏れに対してのポイントについてお話したいと思います。気になるかたは最後までお付き合いください

ストマ交換の頻度は?

 

交換頻度はどれぐらいがいいのか?気になりました。

看護師さんは ストマは皮膚トラブル、漏れがなければ大体2~3日で交換だよ!

と教えてくれました。

目安は交換から中2日あけて交換するのがちょうどいいかなと思います!

月曜に交換して 火曜、水曜あけ 木曜日交換!! みたいな感じです!

ストーマ交換に必要になるもの

 

基本的に必要になるものを教えていただいたのち

この時は、病院で用意してもらっったものと、自分で用意したものがあります。

  • ストマ装具(初めはワンピースの装具)
  • ねんど
  • リムーバー
  • 泡ソープ
  • ガーゼ
  • 防水シート
  • 洋服クリップ
  • はさみ

 

自分で用意したもの

泡ソープ

 

普通の固形石鹸や液体せっけんじゃだめなのか?と思いました。

もちろん固形石鹸や液体でも大丈夫ですが、泡立てる必要があるそうです。

泡のほうが汚れ落ちがよく、皮膚にも優しいからだそう

ポンプ式は泡を作る手間が省け時短になり

自分でやるにも看護師さんに手伝いしてもらうときも便利!

病院で用意してもらえたもの

ストーマ装具、ねんど、リムーバー

こちらは自分で用意が必要になるものでした。後日用意しておくとして

この時は、ストーマ外来のある病院で入院していたので装具が決まるまで

看護師さんに選んだものを装着して見定めていったりするので

後日装具やその他、使用したものは新品で返していこうと言うことになりました。

桶、ガーゼ、防水シート、洋服クリップ、はさみ

 

桶には袋をおおって、そのなかにぬるまゆが用意されていました。

使い捨てのガーゼは十枚以上

万が一漏れのための防水シート2枚、洋服が汚れないためのクリップ、

装具の調整のはさみ これらのものは病院のものをつかいました。

 

この時は自分で用意したのは泡ハンドソープだけでしたが、

基本的に必要なものは今後家でもそろえたいと思います!

ストーマ交換方法の手順

 

まず、交換の下準備をしておくとスムーズに交換できます!

下準備

汚れないようにする

 

・洋服どめクリップ

・使い捨て防水シート

 

■はりつけ装具をストマに合わせて調整して切る

穴が小さすぎるとストーマ粘膜を傷つけてしまいます

ストーマより2~3cm大きめに切る。

カットはフリーハンドで感覚で切ります

正確に切れてなくても大丈夫です!

大きめに切りすぎた!と思っても

5mm程度なら問題ありません。

 

■アダプト保護シールはりつける準備

アダプト保護シールをストーマの回りを保護するためにつけます。

ストーマと皮膚の間に隙間ができないように皮膚保護する

シールの幅は1cm目安ねんどは節約のため切って使います。

■中見を破棄する

皮膚を綺麗にした直後にまた排泄物が出て汚れてしまいます。

慌てないためにもすばやく張り替える下準備をしておきます!

パウチ装具を剥す

 

①装具をはがす

リムーバーを使ってやさしくはがします。

 

ポイント!

リムーバーがしみたら自然に剥がれるので

無理に引っ張らない事!

お腹を押しながら剥がしてくのが優しく剥がせるコツになります。

 

汚れをふきとる又は汚れを洗い流す

ストマについた便を軽くふきとる。

神経質に時間をかけず、1~2回ぐらいぬぐえばok

ポイント!

ここで粘着が、くっついてれば

洗う前に リムーバーをたらしてふきとる

 

③洗う

泡ポンプで出した泡で

・ストーマの回りの皮膚を泡でやさしく洗う

・泡をふきとる又は泡を洗い流す

 

ポイント!

洗うのはストマでなくまわりの皮膚

 

④皮膚を乾かす!

ストマの粘膜は乾燥しません。

装具をはる皮膚の部分が乾いたらokです。

乾燥させるためにドライヤーはいりません。

うちわであおいだりはお腹冷やします

自然乾燥で大丈夫でした

ガーゼで水滴をぬぐって水がなければ張りどき

ポイント!

水滴がついていると装具のつきがわるくなったり

剥がれやすくなります。

ストマをはりかえる

 

①アダプト保護シールをはる
✳ 装具にはりつけた場合省略してください

②下から上へはりつけていきます。

③定着させる

 

優先的にストマまわりのアダプトシールを定着させるように
心がけます。 ぐぐっと押すちょっと我慢

大きなシールをはったらあとは手で暖めて定着させていく

さいごに

 

ストーマの交換って難しいです。いまだになれません

永久ストマの場合長くつきあっていくものになります。皮膚トラブルにならないように

これからも初心わすれずにケアしていきたいとおもいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です